使わなくなった自転車、処分するには?

自転車を処分する時の金額

自転車を処分する時の金額

まだ乗れるそれほど古くない自転車ならば、リサイクルショップで買い取りをしてくれるので、金額はともかくとして処分費用を出さなくて済むという観点から依頼すると良いでしょう。
また、古い自転車でも鉄くずとしてなど、回収業者が買い取りや無料で引き取ってくれる場合などがありますので、処分を考えているなら、電話で聞いてみるなどして見る価値はあるに違いありません。
ただし、そういった処分の方法をとる時は、必ず事前に防犯登録を抹消して置かなければなりません。
リサイクルショップでも、回収業者でも、防犯登録の抹消をしていないものは、買い取りや引き取りをしてくれない場合がほとんどです。
防犯登録カードを無くしてしまった上に、購入店に運んでいく手立てもないなどの場合は、買い取りや引き取りは諦めて、地域の自治体に料金を支払って回収をしてもらうという方法をとらざるをえないかもしれません。
その場合は、自治体によって処分費用は変わります。

自転車を無料で処分する方法

自転車は便利な物ですが、一度買った物を一生使い続けると言うことはなかなかないもので、ある程度の期間が経過すると、処分を考えることもあるものです。
そして、その際には処分費用がかかってしまうことが気になるものです。
もし、廃棄業者に依頼をした場合には、分解したりする手間がかかる関係から、処分費用がかかってしまうものですが、リサイクル業者に依頼をすれば、無料で引き取ってくれることがあります。
引き取られた自転車のその後の行方としては、海外に持って行かれて、現地でリサイクル販売されると言うパターンがよくあります。
なお、無料で引き取ってくれるだけでもありがたいものですが、お金になれば、なお良いと考える人も多いでしょう。
業者によっては、数がまとまってあると買取の対象となったり、業者に来てもらうのではなく、自分で持ち込みをすることで、通常よりも高く買い取ってもらえることがありますから、処分する際にはそういったことも覚えておくと良いものです。